スケボー

スケボー初心者にプロテクターは必要?ヘルメットは?【結論:必要です】

どうも、たいです。

 

スケボー初心者にプロテクターは必要なの?ヘルメットはダサい?オススメのアイテムはどこ?

 

こういった疑問に答えていきます。

 

スケートボード初心者にプロテクターとヘルメットは必要なのか

スケボー

結論、どちらも付けた方が良い

せっかく練習して上達しようとしても、怪我をしてしまったら元も子もありません。

怪我をしないためにも、早く上達するためにも、年齢問わずプロテクターやヘルメットを使用しましょう。

 

スケボーで怪我しやすい部位

スケボー

・頭

・肘

・手のひら

・膝

・すね

・足首

初心者の方が特に怪我しやすいのが手のひらです。

転んだ時に手のひらを地面に着き、擦り剥り向くことが多々あります。

 

またトリック(技)の練習中などに、デッキ(板)が自分の足に当たることでスネや足首の怪我をします。

 

頭の怪我で脳を損傷した場合に取り返しのつかないことがあるかもしれません。

そのため、優先的に頭を守りましょう。

 

また、オーリー練習なので靴が破けた時にも足を怪我します。

そのため、シューズのケアもしましょう。

参考【シューグーの使い方】スケボーやスニーカーの破れた時。色は透明がオススメ

続きを見る

 

スケボー中のプロテクターの性能

プロテクターのメリット

まず第一に怪我をすることが減ります。

怪我が減ると何がいいか

 

メリット

・スケボーが嫌いにならない

・上達が早くなる

・見た目がわるくならない(特に女性)

 

スケボーで挫折する人の特徴

・上達が遅い

・怪我をしてしまう

・恐怖心がある

この3つがありますが、プロテクターを用いることでスケボーで挫折することが少なくなります。

転んでも怪我をする可能性が減る→果敢に技に挑戦できる→成長が早くなる

このルートが出来上がります。

 

また手のひらや膝などに傷が多いと目立ちますよね。

男性はあまり気にしないですが、女性の方は特に見た目に敏感になると思います。

そのため、女性の方もプロテクターを使うことをオススメします。

 

 

プロテクターのデメリット

・スネを守れない

・足首は守れない

・見た目がダサい

 

スネと足首を守れない

プロテクターではスネと足首を守れません。

 

そのため私なりのスネと足首を守る方法があるので紹介します。

・ストレッチで足首をしっかりほぐす

・太めのパンツ(ズボン)を履いて衝撃を緩和する

・長い靴下を履いて衝撃を緩和する

この3つを実践するとかなり怪我の頻度が減ります。

 

特に初心者の方はくるぶしに板をぶつけてしまうことが多いため、長い靴下はオススメです。

 

見た目がダサい

プロテクターをつけていて、ダサいとかいうマナーの悪い方の意見は気にしなくて大丈夫です。

 

パークなどに行けばプロテクターを付けている方が多く、何も気にすることはありません。

 

自分の身は自分で守りましょう。

 

スケボー中のヘルメットの性能

スケボーヘルメット

ヘルメットのメリット

人間で最も大切な脳を守ることができる

これにつきます。

どんなに好きなスケートボードでも、大きな怪我をしたら一生できなくなる可能性があります。

そのため何よりも頭を優先的に守りましょう。

ヘルメットを着用しないと入れないパークも最近増えてきていますね。

 

ヘルメットのデメリット

・見た目がダサい

・違和感を感じることがある

見た目がダサい

ヘルメットはダサいと思われがちですが、実際にプロスケーターでも着用している人が多くいます。

幅広い年齢層から人気のアンディー・アンダーソンは常にヘルメットを着用しています。

 

「スケートボードはカッコよくありたい」という方はそれでも良いと思います。

カッコ良さをとるか、安全面をとるのか人それぞれです。

カッコ良さをとる方は自己責任ですが、つけている人をあざむくことはやめましょう。

スケートボードは自由です。

 

 

違和感を感じることがある

特にサイズ間がジャストでないと滑っている時に違和感を感じることがあります。

そのため、自分のサイズにあったモノを選びましょう。

通販で購入するならばなるべく「日本人向け」と記載されているモノを選びましょう。

 

スケボー初心者におすすめのプロテクター&ヘルメット

スニーカー

プロテクター

コスパ重視

スケボー初心者などにオススメのプロテクターです。

私自身も使用していました。

 

機能性重視

値段を気にしない方、ハーフパイプなどの本格的なスケートボードをする方にはオススメです。

耐久性が優れています。

 

 

ヘルメット

機能性重視

INDUSTRIAL(インダストリアル)

使用率が一番多いヘルメットです。

さまざまなカラーがあるため自分の好みがみつかりやすいです。

 

見た目重視

bern(バーン)のヘルメットはシンプルなデザインでカッコいいです。

ファッション性も高いため、おしゃれなヘルメットがほしい方にはオススメです。

好きなステッカーを貼るのも良し。

 

子供向きヘルメット

男の子向け

ヘルメットがカッコよくないから、付けてくれないお子さんにオススメです。

デザインもかっこいいので、子供も喜びます。

 

女の子向け

黒いヘルメットだと女の子はあまり付けてくてません。

そのためbernのヘルメットがオススメです。

 

【まとめ】スケボー初心者にプロテクターとヘルメットは必要

スケボー

プロテクター&ヘルメットは絶対つけた方が良いです。

つけることで、怪我も減り、成長速度も上がります。

デザインがダサくて悩んでいる方がいましたら、気にしなくて大丈夫です。

本当にスケボーが好きな方は誰もダサいとは言いません。

 

プロテクターとヘルメットを使用して、みんなで成長しましょう。

 

関連記事:

>>スケボー初心者が初めに買うべきモノ【これさえあれば怖い物なし】

>>【シューグーの使い方】スケボーやスニーカーの破れた時。色は透明がオススメ

 

 

  • この記事を書いた人

たい

1人暮らしの大学生 相方”まる”と2人で『203号室』雑記ブログを運営。 ”ちょっとモテたい”をテーマに プロジェクター/映画/筋トレ/ファッションを発信しています。

-スケボー
-

Copyright© 203号室 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.