プロジェクター 画質 VANKYO LEISURE 470 Jinhoo Z6 Polar

プロジェクター

【1万vs6万】小型プロジェクターの価格で画質に違いは?【徹底比較】

 

どうも、まるです。

先日、1万円ほどのVANKYOの格安プロジェクターを購入し、ホームシアター生活を満喫しています。

今のところ不満もなく大満足しているのですが、ひとつ疑問が。

 

『高いプロジェクターだともっと画質がきれいなのだろうか』

 

というわけで、実際に比較していきたいと思います。

 

比較する小型プロジェクターの機種はこの3つ

比較したプロジェクターは

いずれも小型の家庭用プロジェクターです。

 

Jinhoo(約8000円)

 

友達から借りてきたやつ。3つの中で一番安い

 

VANKYO Leisure 470(約1万円)

 

最近買ったやつ

 

参考記事:
>>【VANKYO Leisure 470 レビュー】1万円の格安プロジェクターでも大満足した話

 

 Z6 Polar Meets popin Aladdin(約6万円)

 

私の自慢のプロジェクター
たい

 

*金額は購入時の値段です。Z6 Polar は生産中止となっているので現在高値で売られています。

 

参考記事:
>>【画質が神】Z6 polar Meets popin Aladdinのレビュー

 

プロジェクターの基本性能(3機種比較)

プロジェクターのサイズはこんな感じ。

左から『Jinhoo』『VANKYO』『Z6 Polar』

VANKYO Leisure 470 プロジェクター popin Aladdin Jinhoo

上からの写真はこちら。

VANKYO Leisure 470 プロジェクター

Z6 Polar はとにかく薄くて軽いです。

一番分厚いのはVANKYOのプロジェクター。

ほぼ持ち歩くことはないから大きさはあまり関係ないかな

 

3機種のスペックを表で比較

  Jinhoo VANKYO Z6 Polar
価格 約8000円 約1万円 約6万円
解像度 800×480 1280×720 1920×1080
明るさ 3600ルーメン 4000ルーメン 700ANSIルーメン
コントラスト 2000:1 3500:1

実際に投影してみると、どのくらいの差が出てくるのでしょうか。

では、調べてみましょう。

 

プロジェクターによって画質の違いはあるのか

さっそく画質を比較します。

どのプロジェクターも初期設定の状態にして映しました。

明るめの画像:寿司

まずは明るめの寿司の画像。

元の画像はこちら。

寿司 松の

スマホとプロジェクターを接続し、この画像を投影します。

 

投影した様子がこちら。

Jinhoo プロジェクター 画質

VANKYO Leisure 470 プロジェクター 画質

Z6 Polar プロジェクター 画質

 

一枚ずつ撮影しているときには、画質の差はあまり感じませんでしたが、

こうやって3枚比較して並べると、『Z6 Polar』がダントツできれいに見えます。

『Jinhoo』より『VANKYO』の方が少しだけ鮮やか?
たい

 

暗めの画像:宇宙

次は暗めの画像。

元の画像はこちら。

宇宙

 

投影した様子がこちら。

Jinhoo プロジェクター 画質

VANKYO プロジェクター 画質

VANKYO プロジェクター 画質

 

『Z6 Polar』の鮮明さがダントツですね。

また、『Jinhoo』よりも『VANKYO』の方がはっきりとした映像に見えます。

 

暗めの映像の場合、

解像度が優れている順(Z6 Polar>VANKYO>Jinhoo)

で画質がきれいに見えました。

『Z6 Polar』の画質すごくきれい

 

映画も観てみた

3つのプロジェクターで映画のワンシーンも観てみることに。

著作権の関係で、映像をお見せすることはできませんが率直な感想は

 

どれもそんな違いなくね?
たい

 

正直なところ、先ほどの画像のような明確な違いはわかりませんでしたね。

3つ並べて比較すると違いがはっきりするのかもしれませんが、それぞれ単体の映像として観るとどれも違和感なく楽しむことができました。

 

画質以外のプロジェクターの性能も比較してみた

3つのプロジェックターを使ってみた中で画質以外にもいくつか気になったポイントが。

ということで、せっかくなので比較してみました。

プロジェクターの作動音について

まずはプロジェクターの作動音。

「デシベル X」というスマホアプリで測りました。

結果はこちら。

Jinhoo 46.6dB
VANKYO 49.3dB
Z6 Polar 38.9dB

 

騒音の目安としてアプリ上では

Jinhoo と VANKYO は『ささやき声』

Z6 Polar は『木々のざわめき音』

と表現されていました。

「Z6 Polar」はめちゃくちゃ静か。プロジェクターが動いているのかわからないレベルです。

「VANKYO」と「Jinhoo」のプロジェクターは静寂なシーンだと少し気になるレベル

 

プロジェクターの起動時間について

プロジェクターの起動時間について。

電源ボタンを押してから、操作できるようになるまでの時間を計測しました。

結果はこちら。

Jinhoo 17秒
VANKYO 11秒
Z6 Polar 30秒

操作できるまでの時間が1番短かったのは「VANKYO」のプロジェクター。

起動時間は短いに越したことはないですよね。

 

『Jinhoo』 vs 『VANKYO Leisure 470』 vs 『Z6 Polar』 :プロジェクターを比較してみて

下の3つのプロジェクターの画質や性能について比べました。

画質に関しては、3つ並べるとZ6 Polarのプロジェクターが圧勝。

しかし、それぞれのプロジェクターで映画を観たとき、画質の違いは正直わかりませんでした。

 

値段の違い(約5万円)と画質や性能の差を総合的に判断して、コスパがいいのは

のプロジェクターかなというのが率直な感想です。

特に初めてプロジェクターを買うなら余計に。

 

『Jinhoo』と『VANKYO』については差額は2000円ほどなので、

画質(特に暗めの画像)にこだわりたい人は

  • 解像度
  • 明るさ(ルーメン)

が優れている『VANKYO』を選ぶのが無難かと思います。

 

 

 

 

ホームシアターが完成したら、おうち映画を楽しむアイテムを充実させて、引きこもりを加速させましょう。

 

関連記事:
>>1人暮らしのホームシアター生活を10倍楽しくするアイテム8選

 

人気記事

DOKUSO映画館
DOKUSO(ドクソー)映画館の評判は?映画マニアが本音でレビュー

続きを見る

 

 

  • この記事を書いた人

まる

とある地方の大学生。筋トレとお笑いが好き。マイプロユーザー。プロジェクターを買ってからホームシアターにはまってます。

-プロジェクター

Copyright© 203号室 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.