男性向け。ジムに持っていくと便利な持ち物。

筋トレ

【男性向け】ジムに必要な持ち物はずばり5つ!あると便利なものも紹介

 

これからジムに通うんだけど、なに持っていけばいいんだろう?

荷物が増えるのもイヤだし、最低限の持ち物だけ知りたいなあ。

 

どうも、まるです。

フィットネスブームもあって、ジムに通い始めるという方も多いのではないでしょうか。

 

そんなジム初心者のあなたに向けて、ジムに週3で通い続けているぼくが

  • 本当に必要な持ち物
  • 持っていくと便利なもの
  • ジムでのトレーニングの効果を倍増させるアイテム

に分けて紹介します。

 

とりあえずこれから紹介するものを持って、ジムに行けばOKです。

 

ジムに必須の持ち物5つ

まずは、ジムに必ず持っていくべきものを5つ紹介します。

 

トレーニングウェア

まずは、トレーニングウェア。

基本的には動きやすい服装であれば、何でもOK。

ぼくも最初は、家にあったTシャツと短パンで通っていました。

 

 

ただ、ジムの周りの人がカッコいいウェアを着ていたので、結局、新しいのを買いました。

 

あなたもオシャレなウェアが絶対に欲しくなりますよ

 

ジムでは、スウェットパンツや短パン+ロングタイツの組み合わせが人気ですね。

 

 

 

 

トレーニングシューズ

結論から言えば、動きやすい靴なら何でもOK。

ただ、トレーニングウェアと同じで、ジムに通いだすとカッコいい靴を履きたくなります。

足元は明るい色の人が多いですね。

 

スポーツタオル

タオルも忘れずに持っていきましょう。

汗を拭くだけでなく、マシンに汗が付着しないようにタオルを敷いている人も多いです。

 

ジムでのマナーみたいなもんですね。

 

汗を吸収しやすい大きめのスポーツタオル買っとけば間違いないです。

 

カバン・リュック

荷物をまとめるために、カバンかリュックを用意しておきましょう。

ぼくの体感ですが、カバンを持っている人が多いように感じます。

 

 

ジムの会員カード

これは、ジムの形態にもよりますが、いま人気の24時間営業のジムでは必須だと思います。

必ず忘れないように持参しましょう。

スマホケースに入れておくと、取り出す手間もなくなり、忘れる心配もないので安心。

 

ジムに持っていくと便利なもの

次は、ジムに持っていくと便利なものを紹介します。

ジムで快適に過ごしたいなら、持って行って損はないです。

 

Bluetoothイヤホン

好きな音楽を聴くとドーパミンが分泌されて、モチベーションが向上します。

 

気分が乗らない日でも、好きな曲を聴くとやる気が出ますよね

 

運動しながら音楽を聴くなら、ワイヤレスイヤホン一択です。

 

音質にもこだわりたい方はなら、Powerbeats Pro をぜひ買ってほしい。

安物のワイヤレスイヤホンには戻れなくなりますよ。ちなみにフィット感が最強なので、運動する人にはAirPoodsより人気。

 

 

関連記事:>>【レビュー】Powerbeats Proを10ヶ月使って気づいた7つのこと

 

水筒(飲み物)

水分補給は汗をかかない場合でも必要です。特に暑い日は水分をとらないと危険。

ぼくは、ジムのウォーターサーバーに契約しているので、水筒だけ持って行っています。

 

プロテイン

あなたがムキムキになるためにジムに通うなら、プロテインは必須。

世の中のマッチョはみんな飲んでいますよ。

 

プロテインを飲みだしてから、筋肉の成長を感じるようになりました。

 

とりあえずザバス買っておけば間違いない。

 

もし、安さを求めるならマイプロテイン一択です。ザバスの半額以下でプロテインが買えます。

Amazonなどではなく、公式サイトからセール時に買いましょう。

関連記事:>>【完全版】マイプロテインデビューする前に確認すべき送料や購入の流れ+α

 

シャンプー・ボディソープ

シャワー併設されているジムならシャンプーやボディソープを用意しておくと完璧。

ジムの後に用事があっても、まったく問題なしですね。

小分けで持ち運びやすいタイプが便利です。

 

ジムでのトレーニング効果を最大限に発揮するための持ち物

最後に、最速で筋肉をつけるためにジムに持っていくべき筋トレグッズを4つ紹介します。

効率よく筋肉をつけたいなら必須レベルのアイテムばかりです。

 

リストラップ

ベンチプレスやダンベルプレスなど、プレス系の種目をするならリストラップは必須。

ケガを予防してくれるだけではなく、手首が固定されるので扱える重量もアップします。

 

リストラップをつけるようになってから、ベンチプレスの記録が伸びました。

 

ケガをすると筋トレのモチベーションがガクッと下がってしまうので、必ず持っていきましょう。

 

パワーグリップ

主に背中の種目(懸垂、ラットプルダウン)をするときにパワーグリップはピッタリ。

パワーグリップをつけると握力が3倍くらいになります。

 

握力が足りなくて、懸垂ができない人は試してほしい。

 

背中のトレーニングをするなら、かかせない相棒です。

 

関連記事:>>【超厳選】パワーグリップのおすすめランキング3!迷ったらKing2ring一択

 

リストストラップ

ジムに通ったらBIG3の1つ、デッドリフトをしようと思っている人も多いはず。

BIG3とは・・・ベンチプレス、スクワット、デッドリフトのこと。全身の筋肉をバランスよく鍛えられる筋トレの超基本の3種目。

デッドリフトをするなら、リストストラップを巻いて重量をどんどん伸ばしていきましょう。

 

せっかくジムでトレーニングするなら、高重量に挑戦していきたいですね。

 

 

トレーニングベルト

腰を痛めたくなかったら、大人しくトレーニングベルトは巻きましょう。

スクワット、デッドリフト、、、重量が軽いからって甘くみてるとすぐ腰がやられますよ。

ベルトさえ巻いておけば、ケガの確率はぐっと低くなります。

 

ジムによっては、トレーニングベルトが置いてあるので要確認。

 

 

持ち物を確認したら、ジムで筋トレに励もう!

最低限、ジムに持っていく持ち物は以下の5つ。

 

ジムで快適に過ごしたい人や、トレーニングメニューによっては以下の物も持っていきましょう。

 

 

ジムに通ったからといっても体は簡単に変化しません。

目標を立てて、筋トレに励みましょう!

 

 

  • この記事を書いた人

まる

とある地方の大学生。筋トレとお笑いが好き。マイプロユーザー。プロジェクターを買ってからホームシアターにはまってます。

-筋トレ

Copyright© 203号室 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.