映画館バイト

バイト 映画

映画館アルバイトは無料で映画観放題?きついけどメリットありまくりです

 

『映画館でバイトしたら映画を無料で観放題!』

 

そう思って、映画館のバイトを始めようとしているあなたに読んでほしい記事です。

 

ぼくは1年間ほど大手シネコン(映画館)でアルバイトをしていました。

その体験談をもとに記事を書きました。

 

映画館でアルバイトをしようと考えている方は参考にしてください。

 

*これから話す内容は大手シネコンでのアルバイトの話です。ミニシアターの場合は異なる場合があります。

 

 

映画館アルバイトは映画をタダで観れる?

映画館 バイト

結論から言うと、勤務中は観ることはできません。

 

というのも映画館のスタッフの中で劇場内に出入りするのは一部。

映画館で働くといっても、さまざまな仕事があります。

アルバイトとして働く場合は主に3つの仕事に分けられます。

 

映画館アルバイトの仕事内容

映画館 アルバイト

アルバイトが任される仕事はざっくり分けるとこの3つ。

・アッシャー(ホール)

・コンセッション

・ボックス

 

アッシャー

アッシャー(ホール)は簡単に言うと便利屋。

とにかくいろんな仕事(雑用)を任されます。

・チケットのもぎり

・場内アナウンス

・上映中の劇場内の確認

・スクリーンの清掃

・フロア全体の清掃

・ゴミ出し

これらは全てアッシャー(フロア)の仕事です。

 

映画館の上映のスケジュールは分刻みで決まっているので、アッシャーは常に仕事に追われます。

 

映画の上映が終わって、次の映画が始まるまでの時間は15分程度しかありません。

その間にスクリーン内の清掃や次の上映のアナウンスを終わらせなければなりません。

 

ポップコーンが床に散らばっていたりしたら大変でした。

 

コンセッション

次はコンセッション。

難しい言い方をしていますが、簡単に言うとポップコーンやドリンクの売店スタッフです。

グッズなどの販売もここで行われます。

仕事内容は主にこの3つ。

・調理

・レジ対応

・備品の補充

調理といっても温めたり盛り付けたりするだけ。

仕事内容はコンビニの店員に近いですかね。

 

ボックス

チケット売り場のスタッフのことです。

最近はチケットは自動発券機で買うことが多いですよね。

なので、仕事内容は

・前売り券などの対応

・チケット変更の手続き

・ポイントカードの紹介

など、映画館の総合案内みたいな立ち位置になっています。

 

その映画館についてよく知っていないといけないので、ベテランのスタッフが任されることが多いです。

 

スクリーン内に出入りするのはアッシャー(フロア)だけ

映画館のアルバイトが任されるのは先ほど紹介した

・アッシャー(フロア)

・コンセッション

・ボックス

の3つ。

その中でも、勤務中に劇場内に出入りするのはアッシャー(フロア)だけ。

 

そして、アッシャーが出入りするのは2つの場合。

・上映中の劇場内の確認(温度、音声のずれ、盗撮されてないかなど)

・上映後の清掃

 

しかも、アッシャーは分刻みで仕事があるため、ゆっくりと上映中の映画を観る時間はありません。

 

なので、映画館バイトは勤務中に映画を観ることはできません。

 

勤務時間外は無料で映画が観れます(条件付き)

映画館アルバイト

勤務時間外は無料で映画を観ることができました。

ただ、好き勝手なんでも観ていいわけではなく条件が細かく決まっています。

 

ぼくの働いていた映画館の場合は

①最新作は公開から2週間たたないと観れない

②混みあっている週末はダメ

③シフトを提出したが、出勤にならなかった時間のみ鑑賞できる

などと細かいルールが決まっていました。

 

なので正直なところ、『無料で観放題!』という感じではないですね。

 

結局ぼくは1年働きましたが、3作品しか観ませんでした。

 

 

映画がタダで観れるだけじゃない?映画館アルバイトのメリット

『映画がタダで観れる』以外にも映画好きにはうれしいメリットがあります。

 

映画のリアルな評価がわかる

映画の最新情報や口コミはネットでみれる時代。

 

でも、実際に映画を観た人のリアルな満足度がわかるのは映画館スタッフならではないでしょうか。

 

劇場から出てくるお客さんの表情や会話、雰囲気からその映画の本当の評価を直に肌で感じることができます。

 

仲のいい常連さんがいるなら、直接感想を聞いてみてもいいですね。

映画館バイトならではの特権ですよ。

 

映画好きの仲間が増える

映画が好きという理由で映画館で働く人はたくさんいます。

 

映画館に来る人は基本的にみんな映画が好き。

なので、きっと趣味の合う映画仲間が見つかりますよ。

 

中には、毎日のように映画を観にくる常連さんもいましたね。

 

有名俳優に会えるかも

大好きなあの有名俳優があなたの映画館に舞台挨拶に、、、

なんてことがあるかもしれませんね。

ぼくは地方の映画館で働いていたので、そういうことはありませんでしたが。

>>映画館バイトを探す

 

映画館アルバイトのデメリット

次に映画館バイトのデメリットを見ていきましょう。

休日や人気作の公開日は忙しい

人気作の公開日はマジで忙しいです。

 

劇場が満席にでもなれば、スクリーン内の掃除も桁違いに大変。

床にはポップコーンが散らかりまくってます。

 

人気作の公開は映画好きとしてはうれしいですが、映画館バイトとしては地獄ですね。

 

時給が低い

映画館バイトの時給は比較的安めです。

特別なスキルがなくてもできるバイトなので、考えてみれば当たり前ですが。

 

夜遅くまでレイトショーをやっている映画館などで深夜料金でがっつり入ればそれなりに稼げはします。

 

でも、それなら時給の高い居酒屋などの方がおすすめですね。

がっつり稼ぎたい人に映画館バイトはおすすめしません。

>>映画館バイトを探す

 

映画好きなら映画館で働くのはアリ

映画好きにとっては映画館バイトは最高だと思います。

 

無料で映画を観れるし、映画仲間もできるでしょうし。

時給が低いなどのデメリットよりも圧倒的にメリットの方が大きいです。

 

ただ、勤務中に映画が観れるというわけではないのでそこだけは注意してくださいね。

 

合わせて読みたい:

>>DOKUSO(ドクソー)映画館のレビュー。料金や特徴は?【映画マニアは必見】

>>【1人暮らしにテレビはいらない】次世代はホームプロジェクター

 

 

  • この記事を書いた人

まる

とある地方の大学生。筋トレとお笑いが好き。マイプロユーザー。プロジェクターを買ってからホームシアターにはまってます。

-バイト, 映画
-,

Copyright© 203号室 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.