【完全ガイド】LUUP電動キックボードシェアの料金や使い方、設置場所

電動キックボード

【完全ガイド】LUUP電動キックボードシェアの料金や使い方、設置場所

次世代の電動キックボードシェアサービス「LUUP」。

LUUPの電動キックボードはヘルメット無しでも乗れます。

 

「LUUP」の電動キックボードの料金ていくら?使い方教えて!どこで乗れるの?

こういった疑問を解決していきます。

 

本記事の内容は

  • LUUPの概要
  • LUUPの料金や使い方
  • LUUPの特徴
  • LUUPのよくある質問まとめ
  • お得に乗る方法

 

注意ポイント

※現時点では東京・大阪のみの展開ですが、2023年を目処に全国展開する予定です。

電動キックボードに乗れる!【LUUP】

 

LUUP(ループ)は日本の将来を担う電動キックボード会社

「街中を駅前化するインフラを作る」をテーマに、電動・小型・1人乗り用の短距離移動のための電動キックボードシェアリングサービスを展開している日本の会社。ヘルメット着用が任意となる電動キックボードシェアリングサービスでは国内初。全国展開を目指しており、日本の新たな移動手段の鍵を握る会社です。

時間がある人はこの記事もどうぞ。LUUPを作る思いや背景、が明確にわかります。関連:>>「公共交通機関」のあり方が見直される世界で、僕がLUUPというインフラをつくる理由

 

この動画がわかりやすかったです
たい

LUUP(ループ)の料金

支払いは現在、クレジットカードのみです。

乗車料金は初乗り10分が110円、以降1分間16.5円。

仮に30分電動キックボードに乗ったら440円。

特別定額プランもあります。

1日パック(6時間まで):750円
1日パック(12時間まで):1,000円
週額パック(1日6時間まで):3,000円 初週無料(2週目以降に解約可能)
月額パック(1日6時間まで):6,000円 初週無料(2ヶ月目以降に解約可能)
お申し込みはこちら:https://forms.gle/qtnMK5WkUSneMSFD9
※特別定額プランは、上記のフォームからのみお申し込みが可能です。

 

電動キックボードLUUP(ループ)の特徴はこれ!!

LUUPの特徴をまとめてみました。

専用アプリが使いやすい

>>アプリはこちら

iOS、Android両方対応しているアプリの使用感がサクサクでストレスフリー。レンタル開始から返却まで全てアプリで完結します。

 

ヘルメットなしでも乗れる

日本初ヘルメットが任意となった電動キックボード「LUUP」の1番のメリット。頭にワックスを付けていても、問題なく乗れます。

注意ポイント

安全のためにヘルメットを着用したほうがいいです。

 

スマホをセットするホルダーも付いている

LUUPのスマホホルダー

こんな人はLUUP(ループ)を利用するべし

  • 三密を避けた交通手段が欲しい人
  • 歩くと少し遠い距離をラクしたい人
  • 時代の先駆者になりたい人
  • 自転車以上原付未満が欲しい人
  • ヘルメットなしで電動キックボードに乗りたい人

こんなあなたはLUUPを使って間違いなし。

>>電動キックボードに乗れる!【LUUP】

LUUP(ループ)はどこで乗れるの!?

現時点では東京と大阪のみ対応しています。(2021.4月時点)

東京

渋谷区が特にポートが多い印象です。

東京はLUUPを乗れるところが盛りたくさん

大阪

大阪でLUUPが乗れる場所

 

LUUP(ループ)使い方が超簡単

LUUP電動キックボードの使い方

step
1
アプリをダウンロード(無料)する

step
2
LUUPに会員登録(無料)する

step
3
アプリで使用可能のキックボードを探す

LUUPアプリの使い方

step
4
アプリを立ち上げて、LUUPのQRコードをスキャンする

LUUPの使い方

step
5
乗り終わったら、駐車時の写真を撮っておわり

LUUPの片付け方法

LUUPを利用する際の注意点や微妙な点

  • 走れるのは車道と自転車通行帯のみ
  • 最大速度は15km/hで自転車より若干遅い
  • 事前に行き先を指定しないといけない
  • 想像以上に人気で充電切れが多い
  • 免許証が必要

電動キックボードを無料で3回乗る初回限定クーポンは〇〇

無料で3回乗れるクーポンコードは「LUUPSTART」です。

 

LUUPの評判や口コミをまとめてみた

都内は想像以上にポートの数が多い

坂も登れます

歩くのにはちょっと遠いがうまくカバーされている

免許なしで乗れる日は近いかも!?

LUUPの代表岡井さんが匂わせ発言をしていました。

自転車よりは遅くて、二段階右折ができないのがネック

【まとめ】LUUP電動キックボードシェアの料金や使い方、設置場所

 

  • 免許を持っていれば誰でも乗れる
  • LUUPに乗るには無料の電動アプリが必要
  • 時速15kmで、自転車よりも遅い
  • ヘルメットがいらない
  • 乗車料金は初乗り10分が110円、以降1分間16.5円

 

アプリのダウンロードや登録は0円なので、入れておいて損なし。

電動キックボードに乗れる!【LUUP】

 

自分専用の電動キックボードが欲しいあなたはこれが1番おすすめです。口コミまとめ|COSWHEEL EV Scooterの次世代型電動キックボード



  • この記事を書いた人

たい

1人暮らしの大学生 相方”まる”と2人で『203号室』雑記ブログを運営。 ”ちょっとモテたい”をテーマに プロジェクター/映画/筋トレ/ファッションを発信しています。

-電動キックボード

Copyright© 203号室 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.